【残りわずか】 ふるさと納税 南部鉄器 エフェクター しずく 歪み ブースター ギター ベース 伝統工芸品 AK18 -psychologyhomework.com

“しずく” オーバードライブ / ブースターエフェクターブランドKGR HARMONYと南部鉄器製造の及富が共同開発したギターエフェクターです。筐体に南部鉄器、すなわち鋳鉄をもちいているのが特徴です。南部鉄器の素材である鋳鉄は従来のエフェクター筐体に用いられてきたアルミに比べてずっしりと重いですが、その音色は分厚く、音圧とピッキングのレスポンスが速い特徴を持ちます。“しずく”は、南部鉄器筐体を用いた世界初のエフェクター”あられ”のブースト機能にフォーカスし磨き上げた南部鉄器エフェクターの最小モデルです。VolumeとGainのシンプルなコントロールながら、プリアンプとしてや、クリーンブースト、また、ゲインを上げ、サチュレーション感を追加したゲインブーストとしても、幅広く使える一台です。南部鉄器特有の重厚で芯の太い質感を持ちながら、バランスの良い音色となっています。また、上面の模様は「一粒のしずく」を表していて、水面に広げる波紋の様に、音色に広がりを与えるイメージを持たせています。●KGR harmony 代表者プロフィール福嶋 圭次郎 1986.12.27 神奈川県横浜市出身。中学時代にエフェクターの奥深さに触れ、高校卒業後、エフェクターを製作するために東京電機大学で電子工学を専攻。独自の研究を10年以上に渡って重ね、その研究過程でエフェクターの筐体が音色に影響を与えると着目。新たな素材を探して2019年4月から日本一周の旅へ出る。以前から興味のあった岩手県の南部鉄器工房 株式会社 及富へ訪問。鋳鉄への関心を深め南部鉄器エフェクターの開発を決意し、2019年7月から及富と共同開発を始める。2019年11月、合同会社福嶋圭次郎を設立。12月に南部鉄器エフェクター “あられ”を発表。2020年7月、南部鉄器エフェクター “しずく”、“IRON 808”を発表。商品説明名称南部鉄器 エフェクター しずく 歪み ブースター ギター電源センターマイナス9Vアダプター(2.1mm)のみサイズ 縦:96mm横:53mm高さ:49mm(最大)重量 約470g